起こりうる症状

頭を抱える男性

ミノキシジルは育毛効果があるものの、副作用のリスクがある…と言われていますが、実際にはどんな症状が起こりうるのでしょうか?ここでは、発症する可能性のある副作用についていくつか紹介します。

まず、かゆみです。塗り薬を使用することで、かゆみが生じる可能性があります。なんかムズムズするという程度の方もいれば、掻くのを我慢できないという程度の方も居ます。ただ、かゆみがひどい場合、かきむしりすぎると頭皮が傷ついて薄毛を進行させる可能性があるので気をつけましょう。

次に炎症です。これもミノキシジルなどの塗り薬を使用すると発症しやすい症状です。ミノキシジルの育毛剤を塗布した部分が赤くなっている、かぶれてきたという場合には体に合っていないということなので使用を避けましょう。頭皮ということで炎症に気づきにくいので、事前に目に見える皮膚に塗布してから頭皮へ塗りましょう。

また、ミノキシジルの副作用は皮膚だけではなく、内臓に症状が起こる恐れがあります。血行促進効果がありますので、動悸、息切れ、心拍数の上昇など起こる可能性があります。血圧に以上がある方や心臓が弱い方は、まず医師に相談をしましょう。

ミノキシジル配合の育毛剤を使用すれば、必ず副作用が起こるとも限りません。ただ、配合されているミノキシジルの濃度が高ければ高いほど副作用のリスクが有るということを覚えておきましょう。効果を求めたくて濃度の高い育毛剤を選べば副作用のリスクがある、逆に副作用を恐れて濃度の低い育毛剤を選べば効果が得られない…なんとも難しいところです。